効果のある石鹸

ジャムウソープとはインドネシアに昔から伝わる石鹸の事で、パーム油と様々なハーブを組み合わせる事で作られます。パーム油は肌に優しい事で知られているので、皮膚の洗浄等に適していますし、ハーブも天然の物が使われているので安心です。名前にあるジャムウとは「客をもてなす植物から作られた薬」という意味があり、古来から人々が智恵を絞って作ってきました。 ジャムウソープが日本でも注目を浴びるようになっている理由としては、この石鹸が持つ効果が挙げられます。実はジャムウソープは、体臭の予防や改善に対する効果が強いと言われていて、ワキ等のニオイを抑制してくれるとされています。また肌の黒ずみが消えるとも言われているため、特に女性からの高い人気を集めるようになってきているのです。

前述したように、体臭や黒ずみの改善や予防効果が期待出来るジャムウソープですが、使用方法に特徴があります。一般的に石鹸と言えば、スポンジ等で泡立てて体を洗うという使い方をする事が多いのですが、ジャムウソープは違います。 ジャムウソープの一般的な使用方法として、まずは石鹸を丁寧にしっかりと泡立てて、きめ細かな泡を作り出します。次に出来上がった泡を、体臭や黒ずみが気になる部分にのせて、そのままの状態で数分間に渡ってパックをします。しっかりとパックをし終えたら、最後に泡が残らないように、お湯で充分に洗い流して全ての工程が完了となります。気になる部分に泡を置いてパックを行なう事で、石鹸に含まれているハーブの力が充分に効果を発揮してくれるようになります。