取り除く方法

ニキビ跡を消し去るにはどうしたらいいか

お肌のお悩みといえば、ニキビやシミ、ソバカスなどが多いです。 なかでも、ニキビの跡が赤く色素沈着しているのが気になる、という人は多いです。 ニキビ跡はあまり消えないイメージがありますが、すべてのニキビが跡になって残ることはありません。 ニキビ跡は、ニキビができた時に雑菌が入るなどで炎症を起こしてしまい、その炎症が色素沈着となって赤く残ってしまう状態をいいます。 ニキビを潰してしまった時によくできるニキビ跡ですが、消す方法はないのでしょうか。 ニキビ跡を消すには、普段のお肌のお手入れやケアが欠かせません。 時間がかかりますが、お肌をしっかり保湿したり、正しく洗顔できていたりすれば、段々とニキビ跡は薄くなり、最後には消すことも可能です。

お肌のお手入れの仕方

お肌の新陳代謝が正しく機能すれば、だんだん健康な肌に近づき、ニキビの跡の赤みを取り除くことができます。 古い角質が剥がれ落ち、新しい肌に生まれ変わることで、赤みが薄くなっていきます。 お肌のケアをする時に注意するのは、洗顔と保湿です。 古い角質を剥がすといっても、ゴシゴシ洗ったり、スクラブ入りの洗顔料で洗ったりすると、ニキビ跡を傷つけることになってしまいます。 泡をできるだけたっぷり用意し、やさしく撫でるように洗うのがコツです。 保湿はニキビ用化粧品でなくても構わないので、肌なじみがよく使い心地のよいものを選ぶようにしましょう。 化粧水だけでなく、美容液なども使用し、たっぷり保湿することは、肌のターンオーバーの促進につながり、ニキビ跡を消す効果もあるのです。